営業時間 午後3時から午後8時(水曜定休)0257-21-3901

CASIO:プロトレック新型

Count per Day
  • 16191総閲覧数:
  • 8今日の閲覧数:
  • 19昨日の閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2017年5月9日カウント開始日:

CASIOプロトレックの新型入荷です。今回のモデルは、性能と道具に徹している拘ったシンプルモデルといって差し支えないと思います。気温、高度計や方位磁石が入った登山用モデルですが、お勧め度は、まずは最新という事でセンサーがVER3になっていて、さすが日本市場向けで性能が高く誤差が低いことが海外製と比べると安心感があります。外装もシンプルになっていて、なるべく小型で体に負担が少ないモノを選びたい方には、
お手頃価格で最新のセンサー完備でセールスポイントです。
外装ゴテゴテのアピールしたモデルも最初は欲しくなりますが、落ち着くとシンプルのが、よかったりしますね。
高度計は、山のどの辺の高さにいるのかが、よくわかり安心ですし、方位磁石は、一度決めた方角に矢印が向くナビゲーション機能もありますので、茂みや雪などで道が分からなくなり迷う時に希望の道を示してくれます。
また、帰るときは、来た時と反対方向に矢印が向きますので便利です。その他、最近の機能で気になるのは、急な気圧変化が起きるとアラームが鳴ったりするので、晴れていてもアラームが鳴ると雨が降ってきたりしますので、急な気候変化の中、濡れながら雨具に着替えて体力消耗を防げたりします。
最近、山の事故などで、ピクニック程度でも山登り専用の時計を買う方が増えていますが、当店としては、このモデルのようなGPS無しの腕時計をお勧めしています。大きな理由は、GPSがついた時計は、高機能でカッコヨク大好きなのですが、バッテリーが実測で2日持たないモデルが多く、2年たつと本体買うぐらいの値段の電池交換が必要な機種もあります。遭難したら最後まで使えないものも多いです。当然時計としても電池切れで使えません。それよりもソーラーでこのモデルですと高機能なソーラーとバッテリーでパワーセーブモードも入れると約2年持ちます。また充電容量がどのくらいかもこのモデルだと見えますので、山登り前に充電は大丈夫かが確認できて安心です。GPSまでいるような状況でしたら、別でアルカリ電池など交換できるハンディーGPSを携帯したほうが間違いないです。また高度で大体どの辺にいるかわかるので、あと頂上までこのペースだとどのくらいとか、日の出、日の入りも出ますんで、日が落ちるまでに帰りたいとか分かりますし、あまりバッテリーを食わないGPSなしモデルでもできる事は大多数なんで、高価なGPS時計よりもお手頃なこのモデルを購入したほうががお勧めだと思います。あくまでも店長の主観ですので参考程度ですが、GPSなしモデルでも使い方は初心者には難しい所もありますので、説明書とにらめっこしながら操作方法教えますよ。山登りする方がいましたら、ぜひ持ってもらいたいモデルです。