ちょっと変わった店主のいる趣味のお店

マルイの旧ベレッタ92Fが今更ながら気になる。

本当は俺、ベレッタ好きなんだ。時代の流れだ。職業上新しいオモチャを持ってないと、、、。で、旧機種の難点は、旧型システムによる性能の低さ。好みの旧機種バイオモデルでもなければゲーマーだと買わないだろう。うんが俺の脳裏に浮かび上がる旧機種の最強のカスタム組み合わせがふっと浮かんでは消える。旧機種難点は、先ずは固定ホップだろう。この辺は上手く加工調整すれば、ハンドガン、サイドアームとしては十分な飛びとなる。だが玉の品質、気温や冬での運用では弾道が下がり、細かく調整出来る可変ホップは便利だ。という事で新型メカニズム搭載のM9などに移行する訳だが、旧型ベレッタのブローバックパワーの無さもあるかもしれないが、新型メカニズムは、どうも玉の出るタイミングとブローバックなのか当てにくいと感じるのだ。旧型ベレッタだと銃口も銃本体もブレさせずにトリガーワークだけで連射出来たりする。という事で、旧型のガスガン系は、比較的にブローバックしても当たるんだが、新型ユニット系は、パワーもあり迫力のブローバックで凄いんだがどうもエアガンコントロールという感じではシックリこないまま現在に至る。そこで、海外製の旧型ベレッタ近種に可変ホップがあるらしく、それを採用させてもらい昔使っていた馴染むベレッタを再現したいなああ。と思う。これは俺の推測だが、昔のエアガンは、サバゲーで当たるという事に重点を置いていて、本物に近い作動や感覚はなく、純粋にオモチャとして使い易かった感じがするが、最近のはオモチャとしての使いでより、リアルや本物の感触が優先され、

>やっと電ハン用のマウント付スライドを分離出来たよ。プラスチックを侵さない溶剤とテンションをかけながら数日。傷つけず接着された物を分離するのは面倒だ。ちょっとやりたい事があってさ。グリップはアジトのキングジョーさんの新作だそうで気に入ってます。